株式会社M・K・T

外壁塗装やサイディングなら、さいたま市岩槻区、春日部市のM・K・T

ブログ

ハケとローラーの違いは?

【塗装作業で一番使われる道具、ハケとローラー】

塗装作業をする際にはいくつもの道具を使い分けていきますが、大きく分けると最も使うのはハケとローラーということになります。ハケと一口に言っても、実際の現場では大きさが異なるいくつものハケを使います。スピーディーに大きく塗っていけるものや、目地バケと呼ばれる平たい筆のようなもの、狭くて普通のハケが入らないところで使うベンダーというものもあります。職人は、それぞれのハケを状況に応じて使い分けることによって細かいところでもきれいにしっかりと塗料を塗ることができるのです。

またローラーにもたくさんの種類があります。塗る面積に応じて大きなものもありますし、ミニローラーもあります。また、ローラーは綿のスポンジのような材質でできるのですが、その柔らかさや毛の長さなどが異なります。壁の材質や塗料の粘土などによって、一番塗りやすいもの、きれいに仕上がるものを使い分けています。さらに特殊なローラーもあり、型がついていてそのローラーを転がすことによって塗料に凸凹や決まった形ができて、表面の質感を作ることができます。プロならではの変わったローラーもあって、巧みにそのローラーで美しい仕上げをしていくことができるのです。

【狭いところや凹凸があるところをハケで塗ってからローラーで仕上げる】

ハケは狭いところや奥まったところを塗るのに適していて、ローラーは平面の広い面積を塗るのに適しているという違いがあります。そのため、窓枠の周りの角になっているところや目地の凹凸があるところ、配管があってローラーが入らないところなどをまずハケで塗っていきます。その後、壁の広い部分をローラーを使って一気に塗って仕上げるという方法が採られます。こうすることで、細かなところも塗り残すことなく確実に塗ることができますし、よりスピーディーに効率よく作業を進めることができるのです。

その他にも、木目を生かすために木部はハケで刷毛目を残すなど、それぞれの特性を生かした塗り方もできます。どの仕事でもそうですが、職人はそれぞれの状況と部位に応じて適切な道具を選んで使い分けていくのです。M・K・Tでも、たくさんの種類のハケやローラーなどを使い分けていて、よりきれいにより効率よく塗装を進められるようにしています。職人によって好みの道具が違うこともあり、職人個々の経験や技術が存分に生かされるところでもあります。

私たちはサイディングWB多彩仕上の認定施工店です!

一級塗装技能士による無料診断実施中!
サイディングボードの塗替え、外壁や屋根の塗装なら、さいたま市岩槻区のM・K・Tまでお問い合わせ下さい!

048-795-4347
メールフォームはこちら

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)