株式会社M・K・T

外壁塗装やサイディングなら、さいたま市岩槻区、春日部市のM・K・T

ブログ

塗料は何回塗るものなの?

【外壁の場合は2回から3回塗って仕上げることが多い】

外壁塗装はサイディングなどの壁材の上に塗膜をある程度厚く塗ることによって、日光や雨風からのダメージを守るという目的があります。そのため外壁を塗る際には数回に分けて塗装がなされます。一回だけでは十分な厚みの塗膜を作ることができず、無理に一回でたくさん塗ろうとすると塗料のダレが生じてしまうからです。塗料のタイプなどによっても異なりますが、普通は二回から三回に分けて塗っていきます。一回目の塗装はより年度が高く塗膜を厚くできるベース塗料を使います。その後、二回目と三回目には仕上げの色付きの塗料を塗っていきます。こうして数回に分けて塗っていくことで、よりしっかりと外壁を守ることができますしよりツヤがあってきれいな仕上がりになっていくのです。

【屋根も二回から三回に分けて塗っていくことが多い】

外壁と屋根は、材質が違うことや受けるダメージが異なるということもあって違うタイプの塗料が使われます。しかし工程は大体一緒で二回から三回に分けて塗っていくことになります。一回目の塗装では屋根材にしっかりと張り付く、薄めの塗料が用いられることが多い傾向にあります。二回目は仕上げの色となる塗料で、ちょっと粘土が高くツヤのあるものが使われることが多くなっています。塗料のタイプによっても違いますが、外壁に比べると塗膜の厚みはそれほどなく、より塗料自体の耐性が強いものが使われることが多いと言えるでしょう。屋根はトタン、スレート、コロニアルなど、外壁よりも材質のバリエーションが多いので、それに応じて塗料や塗り方を変えていくことになります。またどうしても水に当たりやすく劣化が激しくなる部分ですので、劣化の状態によっても塗料、回数が変わることがあります。

【その他の部分は材質によって塗り方が変わってくる】

家の塗り替えでは外壁と屋根がメインとなりますが、他にも細かな部分がたくさんあります。たとえば、破風と呼ばれる屋根の側面部分、屋根の下になる軒天、雨どい、屋根のつなぎ目などにある鉄板部分、ベランダやウッドデッキなどの木部などがあります。それぞれで使う塗料は異なりますし、何回塗って仕上げるかというのも異なります。多くの場合、外壁や屋根ほどは劣化がひどくないので、質の良い塗料を一回塗って仕上げるというパターンです。M・K・Tでは、それぞれの部分の状態と材質をしっかりと見極め、一番適した塗料と回数を選んでいますので細かなところまで安心して任せていただけます。

私たちはサイディングWB多彩仕上の認定施工店です!

一級塗装技能士による無料診断実施中!
サイディングボードの塗替え、外壁や屋根の塗装なら、さいたま市岩槻区のM・K・Tまでお問い合わせ下さい!

048-795-4347
メールフォームはこちら

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)