株式会社M・K・T

外壁塗装やサイディングなら、さいたま市岩槻区、春日部市のM・K・T

ブログ

下塗りと上塗りとは?

【塗装作業は多くの場合三回の工程を経て行われる】

家の塗り替えは大きく分けると、高圧洗浄、養生、塗装、養生撤去という順番で行われます。そのうち一番大事で最も時間がかかるのが塗装作業そのものです。職人の技術や丁寧さ、塗料の質などの違いが出やすいところですので、仕上がりに大きく関係してきます。塗装作業と一口に言っても、実際の現場ではいくつかの工程に分かれています。工法によっても異なりますが、基本となるのは三回塗りです。まず下塗りと呼ばれる塗装作業を行い、ベースを塗っていきます。この後、色が着いた仕上げの塗装、上塗りと呼ばれる作業を二回繰り返します。三回に分けて塗装を行うことによって十分な厚みがある塗膜ができあがり、深みとツヤのある仕上がりになりますし強い耐性を持ち長持ちする状態を作り上げることができるのです。

【下塗りと上塗りでは使う塗料が違う】

塗装作業というと、いきなり仕上がりの色の塗料を塗ると思っている人が多くいますが、実際には下塗りと上塗りで違うものを使います。下塗りはあくまでベースとなる塗料で、いわば下地を作るためのものです。サイディングなどの壁材にしっかりと固着する特性を持っていることや、ある程度塗膜の厚みを作ることができて耐性を上げられるものとなります。下塗り用の塗料は白や半透明などの色をしていることが多く、仕上げの色に関わりなく同じタイプのものが使われます。

一方で上塗りでは、仕上がりの色を持つ塗料が使われます。光沢があってツヤを出す性質の材料が用いられることが多い傾向にあります。この上塗り塗料も、もちろん塗膜を張って耐性を与えるという役割を持っていますが同時に美しい仕上がりをもたらすということで、発色や光沢などの良さを重視した造りとなっています。たいていの場合はこの上塗り塗料を二回に分けて塗り十分な塗膜の厚さを与えていきますが、塗料のタイプによっては一回で十分なこともあります。また上塗り一回目は仕上がり色の塗料を塗って、最後の仕上げに透明のクリアーを塗って保護とツヤを出すという方法もあります。M・K・Tでは、外壁の材質や状態、予算などに応じて、異なるタイプの塗料や工法を提案しています。それぞれのお客様の家に合わせて最善の塗装を行うようにしていますので、気軽に相談していただくようおすすめしています。より良いメンテナンスができるように、プロの立場からお手伝いします。

私たちはサイディングWB多彩仕上の認定施工店です!

一級塗装技能士による無料診断実施中!
サイディングボードの塗替え、外壁や屋根の塗装なら、さいたま市岩槻区のM・K・Tまでお問い合わせ下さい!

048-795-4347
メールフォームはこちら

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)