株式会社M・K・T

外壁塗装やサイディングなら、さいたま市岩槻区、春日部市のM・K・T

ブログ

塗装をする際の足場組み

【家の作りによって足場の組み方が変わってくる】

家の塗り替えをする場合、ほとんどのケースで足場を組む必要が生じます。平屋の家であれば脚立を使って手の届かないところも塗ることができますが、二階建てとなると脚立では届きませんので、足場を事前に組んで安心して、また効率よく作業ができるようにします。足場の組み方は家の作り方によって変わってきて、どのくらいの足場が必要かを事前に下見などをして決めていきます。

総二階と呼ばれる、一階と二階がすべて同じ状態でつながっていて、一階部分に屋根がまったくない家であれば、家の四面全部に足場が必要となります。一方で、一階と二階の作りが異なっていて、一階部分に下屋根がある場合には、下屋根に脚立を置くことで高いところも濡れるようになります。その場合は、下屋根のある部分には足場は不要で、他の総二階となっているところだけに足場を組むことになります。例外としては、屋根の勾配がきつい場合には、転落防止のために下屋根があろうとなかろうと、全面に足場を組んで屋根の周りをすっかり覆うようにします。足場は単に手の届かない高いところに上れるようにするだけでなく、転落防止という安全面での大事な役割も果たしますので、状況に応じてよりしっかりとした足場組みがなされることがあるのです。

【養生ネットを張るなどの役目もある足場組み】

さらに足場は、家の周りに養生のためのネットを張る枠組としても使われます。かなり気を遣って塗装作業をしたとしても、塗料が風などによって飛んでしまうことは防げません。周りの家や駐車中の車に塗料が付かないようにするためにも、必ず家の周囲をネットでぐるっと覆うのが普通です。そのためには、ネットを引っかける枠が必要となり足場がその用途に用いられるのです。密集した住宅街で吹付による塗装などを行う際には、飛散によるトラブルが生じやすいので、たとえ高所作業のために足場が不要であるとしても養生ネットを確実にするために足場を組むことがあります。

このように、家の塗り替えの際の足場組みは、家の作りや周りの状況、塗装の手法などによって変わってきます。多くの場合、足場は家の周囲何面に組むかによって料金が変わってきますので、足場が少ないほど安く済ませることができます。M・K・Tでは無駄な足場を組んでコストを上げることがないようにしていますが、同時に安全確実に作業を進められるようにきちんとした足場組みをしていますので、お客様にも安心感を持っていただくことができています。

私たちはサイディングWB多彩仕上の認定施工店です!

一級塗装技能士による無料診断実施中!
サイディングボードの塗替え、外壁や屋根の塗装なら、さいたま市岩槻区のM・K・Tまでお問い合わせ下さい!

048-795-4347
メールフォームはこちら

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)